医学部 臨床医学糖尿病・内分泌内科学Diabetology and Endocrinology

JapaneseEnglish

研究室HP

2016年集合写真①(内分泌糖尿病内科)

 糖尿病合併症、特に腎症の発症・進展機序の解明と新たな治療法の開発を目指しています。主な基礎研究テーマとして、糖尿病による腎線維化機序とDPP4阻害薬あるいは内因性抗線維化ペプチドAcSDKPの有効性に関する研究、またカロリー制限およびたんぱく質制限のオートファジーの活性化、ミトコンドリアの恒常性の維持を介した腎保護効果に関する研究、さらにGLP-1のインスリン分泌に対する神経性調節機構の解明等の研究に取り組んでいます。臨床面では、チーム医療を基盤に糖尿病重症化予防に力を入れるとともに、DPP4阻害薬、SGLT2阻害薬等の既存の糖尿病治療薬の糖尿病および糖尿病腎症に対する有効性を検証する臨床研究も行っております。

お問い合わせ

TEL: 076(286)2211(ex.3305) +81-76-286-2211  / FAX: 076(286)6927(ex.8927) +81-76-286-6927 / Email: endocrin@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 古家 大祐 内分泌内科学3古家

准教授

  • 中川 淳
  • 金﨑 啓造
  • 北田 宗弘

臨床准教授

  • 小西 一典

助教

  • 小倉 慶雄
  • 島田 圭司
  • 髙垣 雄太
  • 平井 太郎
  • 門野 至

研究医(員)

  • 川北 恵美
  • 林 義大

主な研究業績

部門別研究業績

  • M.Kitada, Y.Ogura, T.Suzuki, I.Monno, K.Kanasaki, A.Watanabe, D.Koya: Cyclic and intermittent very low-protein diet can have beneficial effects against advanced diabetic nephropathy in Wistar fatty (fa/fa) rats, an animal model of type 2 diabetes and obesity, NEPHROLOGY, 22:1030-1034, 2017.
  • M.Kitada, Y.Ogura, H.Maruki-Uchida, M.Sai, T.Suzuki, K.Kanasaki, Y.Hara, H.Seto, Y.Kuroshima, I.Monno, D.Koya: The Effect of Piceatannol from Passion Fruit (Passiflora edulis) Seeds on Metabolic Health in Humans, NUTRIENTS, 9:10.3390/nu9101142, 2017.
  • J.Li, S.Shi, S.P.Srivastava, M.Kitada, T.Nagai, K.Nitta, M.Kohno, K.Kanasaki, D.Koya: FGFR1 is critical for the anti-endothelial mesenchymal transition effect of N-acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline via induction of the MAP4K4 pathway, CELL DEATH & DISEASE, 8:10.1038/cddis.2017.353, 2017.
  • M.Kitada, Y.Ogura, I.Monno, D.Koya : Regulating Autophagy as a Therapeutic Target for Diabetic Nephropathy., Current diabetes reports, 17:10.1007/s11892-017-0879-y, 2017.
  • M.Kitada, S.Tsuda, K.Konishi, A.Takeda-Watanabe, M.Fujii, K.Kanasaki, M.Nishizawa, A.Nakagawa, D.Koya,: Anagliptin ameliorates albuminuria and urinary liver-type fatty acid-binding protein excretion in patients with type 2 diabetes with nephropathy in a glucose-lowering-independent manner., BMJ open diabetes research & care, 5:10.1136/bmjdrc-2017-000391, 2017.

主な外部研究資金

  • 挑戦的萌芽研究 古家大祐「内皮細胞オートファジー不全が糖尿病腎線維化において演じる分子機構の解明」(2016-2018)
  • 基盤研究(C)北田宗弘「S-アデノシルメチオニン(SAM)代謝の変異の糖尿病腎症の病態に果たす役割の解明(2017-2019)
  • 若手研究(B)小倉慶雄「CD38抑制によるSirt3活性化を介した糖尿病性腎症の新たな治療法の検討」(2017-2019)
  • 若手研究 髙垣雄太「悪性腫瘍の発生・転移においてDPP-4が演じる分子機構の解明」(2018-2020)
  • 若手研究 門野 至「糖尿病腎症の発症と進展の抑制に関連するミオカインの同定とその機序の解明」(2018-2020)