医学部 臨床医学糖尿病・内分泌内科学Diabetology and Endocrinology

JapaneseEnglish

研究室HP

糖尿病・内分泌内科学医局員

 糖尿病合併症、特に腎症の発症・進展機序の解明と新たな治療法の開発を目指しています。主な基礎研究テーマとして、糖尿病による腎線維化機序とDPP4阻害薬あるいは内因性抗線維化ペプチドAcSDKPの有効性に関する研究、またカロリー制限およびたんぱく質制限のオートファジーの活性化、ミトコンドリアの恒常性の維持を介した腎保護効果に関する研究、さらにGLP-1のインスリン分泌に対する神経性調節機構の解明等の研究に取り組んでいます。臨床面では、チーム医療を基盤に糖尿病重症化予防に力を入れるとともに、DPP4阻害薬、SGLT2阻害薬等の既存の糖尿病治療薬の糖尿病および糖尿病腎症に対する有効性を検証する臨床研究も行っております。

お問い合わせ

TEL: 076(286)2211(ex.3305) +81-76-286-2211  / FAX: 076(286)6927(ex.8927) +81-76-286-6927 / Email: endocrin@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 古家 大祐 内分泌内科学3古家

客員教授

  • 寺田 雅彦
  • 金﨑 啓造

臨床教授

  • 中川 淳

准教授

  • 北田 宗弘

臨床准教授

  • 小西 一典

助教

  • 小倉 慶雄
  • 島田 圭司
  • 髙垣 雄太
  • 平井 太郎
  • 門野 至

研究医(員)

  • 林 義大
  • 織田 恵里奈

主な研究業績

部門別研究業績

  • Relevance of Autophagy Induction by Gastrointestinal Hormones: Focus on the Incretin-Based Drug Target and Glucagon:Kanasaki K, Kawakita E, Koya D.
    Front Pharmacol. 2019 May 16;10:476
  • Diabetic kidney disease: Its current trends and future therapeutic perspectives:Koya D.
    J Diabetes Investig. 2019 Sep;10(5):1174-1176.
  • The impact of dietary protein intake on longevity and metabolic health.
    Kitada M, Ogura Y, Monno I, Koya D. EBioMedicine. 2019 May;43:632-640.
  • Inhibition of Dipeptidyl Peptidase-4 Accelerates Epithelial-Mesenchymal Transition and Breast Cancer Metastasis via the CXCL12/CXCR4/mTOR Axis.
    Yang F, Takagaki Y, Yoshitomi Y, Ikeda T, Li J, Kitada M, Kumagai A, Kawakita E, Shi S, Kanasaki K, Koya D.
    Cancer Res. 2019 Feb 15;79(4):735-746.
  • Dipeptidyl peptidase-4 plays a pathogenic role in BSA-induced kidney injury in diabetic mice.
    Takagaki Y, Shi S, Katoh M, Kitada M, Kanasaki K, Koya D.
    Sci Rep. 2019 May 17;9(1):7519

主な外部研究資金

  • 若手研究 髙垣雄太「悪性腫瘍の発生・転移においてDPP-4が演じる分子機構の解明」(2018-2020)
  • 若手研究 門野 至「糖尿病腎症の発症と進展の抑制に関連するミオカインの同定とその機序の解明」(2018-2020)
  • 若手研究 平井太郎「糖尿病性心筋症の発症機序に基づく新たな治療法の確立」(2019-2022)
  • 基盤研究(C)中川 淳「先端巨大症における成長ホルモン奇異性上昇の生物学的意義;反応振幅の度数分布から(2020-2022)
  • 挑戦的萌芽研究 古家大祐「MGAT阻害による糖尿病性腎臓病に対する新たな治療法の開発(2020-2022)